あなたは「幸せです」と胸を張って人に言うことが出来ますか?

どうも、今野陽悦です。

今日は2011年が始まって2日目ですが、あなたはどのようなお正月を過ごしていらっしゃいますでしょうか?

今回は、「自己紹介」も兼ねて、今、僕が思っているの事をお話しさせていただこうと思います。

僕はありがたい事に、ほんの少しだけ人より早く、経済的・時間的に成功をする事が出来ました。

20代半ばにして、同年代の人たちの月収以上に家賃の高額な、富士山がきれいに見える38階のマンションの部屋で暮らし、4桁万円する車を所有し、毎月、海外旅行へ行きたい時に行けるだけの時間と経済力を実現することが出来ました。

いやらしい写真ですが、毎月自動でこれくらいの収入が入ってくる状態です。

しかし、正直な僕の本音は・・・。

このように求めていた「経済・時間・場所」の自由を実現できたのに、それなのに僕は・・・

「幸せですか?」

と人から聞かれた時に、胸を張って心から

僕は幸せです( ´ ▽ ` )ノ」

とハッキリという事が出来ません・・・。

それは、なぜなのか・・・?

僕は、十代の頃からとにかく自由になりたくてなりたくて仕方がありませんでした。

ガキの頃、深夜の公道を仲間とつるんでバイクで乗り回していた時も、学校へ通えなくなって不登校になった中学の時も、心の状態を崩して引きこもり、劣等感と絶望心に心が埋め尽くされていた時期も、とにかく「自由」を求めていました・・・。

そして、ありのままの自分を受け入れ、多くの方の愛と助けによって立ち直る事の出来た20歳の時に決めました。

「サラリーマン(勤め人)にはならないで、自分で人生を生きていく」

と。

バイトをしても勤めても、いつも苦しくなって続かなかったからです・・・。

しかし、そう決断をした時から、学歴職歴特別な資格なども一切ないけれど、それでも、

「経済的・精神的・時間的な自由を実現することが自分には出来る」

と信じる事が出来るようになりました。

そこからは、学び実践し、がむしゃらに行動を起こしました。

なぜなら、経済的・精神的・時間的に自由を勝ち取った時が自由なときであり、僕は幸せになるのだと強く思ったからです。

だから、多くの事を我慢したり、怖くても恐れを感じても行動しました。

そして、自己啓発や成功哲学やビジネス、マーケティングなどを学び、何人もの、社会的経済的に成功している方に直接お会いしてきました。

お金が無くて月の生活費が1万円に満たない時期もありましたし、騙されて4桁万円を失う事も人を信じられなくなるような事もありましたが、その苦労の末に、事業を興す前に抱いていた「経済的・時間的・精神的な自由」を実現する事が出来ました。

しかし、それでも幸せを感じられませんでした・・・。

勿論、支払いが出来なくて月末になると胃が痛くなったりだとか、資金繰りに追われて精神的に追い詰められるとか、そういうストレスはかなり無くなりました。

そのような意味では、以前より幸せなのだと思います。

頭では、僕が現在おかれている状況というのは、とても恵まれているのだという事も解ります。

・・・そう、頭では解っていますが、心でも、

「本当に俺は今、しあわせだぜ~!(^_^)」

っと感じるには至らなかったんです。

経営コンサルタントも神田昌典先生は「あなたの悩みが世界を救う」という著書の中でこのようにおっしゃっていました。

神田昌典さんの「あなたの悩みが世界を救うから」

以下抜粋です。

お金は拡大鏡だ。お金は、いまのあなた自身の精神性を拡大する。

もし、いまキミが楽しく、懸命に生きているのなら、お金を持つことで、もっと楽しく、懸命に生きるようになる。
 
もし、いまキミが夢想しながら、不安に生きているなら、お金を持つことで、夢想に埋没し、不安に生きることになる。

だから私の本を読んだだけで、安易に成功してしまうと、いまのキミの不安は拡大することになる。
 
ひとつ話をしよう。

ある大成功している会社役員に会った。IT関連ビジネスで上場してね。

30代前半で、もう働かなくても一生暮らしていける財産を築いた。


普通、考えれば、こんな幸福なことはないと思うよね。
 
でも、彼は、悩んでいた。生きている気がしなかったんだ。

そのとき彼は、拙著「成功者の告白」を手にとった。衝撃を受けた。

「僕に必要だったのは、これだったんだ」とはじめて気づいたという。
 
彼は、障害を乗り越えるという体験がしたかった。冒険をしたかったんだ。

しかし、あまりにも会社がスムーズにいってしまったために、自分の手で成し遂げたという実感が得られなかった。
 
だから、どんなにお金があっても、自分に自信が持てない。

彼が鈍感だったなら、まだ救われただろう。

自分は幸せだ、自分は成功者だと勘違いできたからね。


でも彼は、優れた感性を持っていた。

だから世間的には成功しても、不安だったんだ。


自分が全てを失ったとき、もう一度、自分の手で立ち直ることができるのか?
  
このままでは、日本が焼け野原になったときに、自分一人で家族を養っていけるのか?

そんな疑問を、身体中で感じていた。

彼は、自分ひとりでやっていけるという自信が欲しかったんだ。
 
自立したかったんだよ。

もちろん自立というのは、人生のプロセスのひとつ。

自立した後には、今度は、お互いひとりではないということの気づく相互依存という段階にシフトする。

でもね、自立した後に、再び孤独を感じないと、人は依存することの重要性に気づけない。

人生は矛盾に溢れている。
 
依存を知らないと、本当の自立が分からない。

貧しさを知らないと、本当の豊かさが分からない。

悲しみを知らないと、本当の喜びを感じられない。

痛みを知らないと、本当の快感を得られない。

制約を知らないと、本当の自由が分からない。

孤独を知らないと、本当の繋がりを感じられない。 


依存を知らないと、本当の自立が分からない。


貧しさを知らないと、本当の豊かさが分からない。

悲しみを知らないと、本当の喜びを感じられない。

痛みを知らないと、本当の快感を得られない。

制約を知らないと、本当の自由が分からない。

孤独を知らないと、本当の繋がりを感じられない。

・・・。

僕はこの箇所を読んだとき、まるで蹴飛ばされたような衝撃が体を突き抜けました・・・。

 

 

神田先生がおっしゃるとおり、きっとお金は拡大鏡で、僕は幸せを感じていない状況なままでお金を持ってしまったので、その不幸せ感は大きくなってしまったのだと気がついたからです。

「お金を持ったら幸せになる」

と考えるのではなく、お金が無い段階から、

「僕は幸せだな♪」「生かされて感謝だな^^」

となっていれば、こんな苦虫を齧ったような感情にはならなかった事でしょう。

つまり、BEING(あり方)を大切にする必要があったのです。

実際、高層階のタワーマンションで暮らし初めても、幸せを感じていたのは、初めの1週間くらいだけだったと思います。

友人の本田こーちゃん(本田晃一さん)も

「29歳でセミリタイアした時、世の中がどんどん灰色に見えてくるようになってきたんだよね。それで、心の学びを始めたんだよ」

っと言っていました。

正に、僕も同じような感情を強く感じたんですね・・・。

お金は本当に本当に素晴らしいものだと思います。

お金があれば実際に、資本主義な世の中の情勢にあっては、物理的な自由は得ることが出来ます。

嫌な仕事をしたり、苦しいことに無理して時間を割かなければならなくなる事もありません。

物質的に欲しい物だって手に出来ます。

夜の世界では、お金があればあるほどモテるしねー(笑)

ですから正直な本音では、僕は、安心や平安や物質的な自由を得るためにも、今なおもっとお金(資産)が欲しいと思っています。

昨年、フィリピンへ行ったときに、沢山のストリートチルドレンから囲まれたり、日本では治るような病気で沢山の人が亡くなった話を聞いて、お金がないが故に・・・。っと本気で思いました。

「人生お金じゃ無い」

だなんて言ったりしますがしますが、きれい事じゃなく、お金は本当に必要で大切なものなんだと強く強く感じたのです。

現在の日本にあって、自殺者の数は年間3万人以上いると言われますが、その大半はお金にまつわる理由からだそうです・・・。

実際、その方々の多くは、その場にお金があったら、亡くならなかった事でしょう。
(問題の本質はお金では無く、心の問題ではありますが・・・)

カウンセラーとして多くの悩まれる方々に関わらせて頂いた経験からも、マーケティングコンサルタントとして事業をされている方々をたくさん見てきた経験から「お金」と「幸せ」は、この資本主義の世界にあって、密室に関係している事を感じずにはいらせません。

僕は80年代中盤から90年代半ばに大活躍した、リンダリンダやトレイントレインで有名なブルーハーツが大好きなんですが、彼らの曲の中に「平成ブルース」っという歌があり、その中で、このように歌われている箇所があります。

お金があったら社長もこわくねぇ

お金があったらサセンもこわくねぇ

お金があったらクビもこわくねぇ

お金があったらサベツもこわくねぇ

お金があったら地上げもこわくねぇ

みんながお金の言うこときくから

これは、資本主義の世界の事実だと思います。

でも、それだけじゃ本当にそれだけじゃ、人の物質的な心の根底にある部分は、満たされないものなのだとて強く強く感じています。

それでは僕は何を言いたいのか?

まだハッキリと表現できていないのですが、僕(たち)は、経済的な部分の他に、感情の面でも、もっともっと気持ちよくお金や人生と向き合っていく必要があるという事です。

特にこれから起業をしたりする方には、ぜひこの事を覚えていて欲しいなぁと思います。

僕は、現在のような状況にあって、経済的な豊かさと同時に、心の豊かさを必要としています。

1年半前は、今ほど経済的には成功していなかったのにも関わらずこのように語っていたのに。。。

24年間を振り返って・・・。

幸せな成功を求めて

だからブログのタイトルを「幸せに成功しようぜ♪」にしたんです。

僕が一番求めている事だからっす(笑)

こんな若輩者の僕ですが、幸せやビジネス、人生の成功に関して、その成長期をこのブログを通して公開していこうと思うので、応援頂けたらとても嬉しく思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました^^

どうぞ今後とも宜しくお願いします。

 

PS1
あなたの悩みが世界を救う!はとても面白い本なのでぜひ読んでみてね♪

PS2
ブルーハーツの平成のブルース
センセーショナルな歌詞でグッときます♪

 

 

ーーーーーーーーー

具体的な不労所得を実現する方法、幸せに成功する秘訣、自由な生活・好きなものに囲まれた人生の実現法、などの具体的なことは、無料オンラインコミュティで公開してます。

幸せに成功したいぜ!お金、心、場所、人間関係などから自由になりたいわん♪ という方は登録してみてちょ^^