どうも、今野陽悦です^^

年末年始今日までは、多く方々が休んでいる中、僕は仕事していたで(エライ!笑)今晩からようやく休みに入ります。

なぜ、こ時期に仕事する事にしたか?

僕は普段は、勤め人されている方半分以下ほどしか実務としては働いていないですし、世界中どこにいてもパソコン一つで仕事出来る状態作っているで、基本的にはかなり自由に過ごしています。

でも、今回はたまたま年明けから、クライアント企業さん新しい事業プロモーションが3つ重なったでそ準備しているというと、

スタッフが年末年始しかまとまった時間がなかなか作れないという事で、こ休みにライティングやマーケティングなど仕事バッチリ伝える事にしたからです。

ような訳で今日までは仕事していました。

僕はマーティングコンサルティングやマーケッター生業としていますが、それと同時にカウンセラーでもあります。

(元々は20歳時にカウンセラーとして独立しました。)

ですから仕事中で日常会話していても、そで流れでは自然とビジネスやマーケティング話と同時に、マネジメントやセラピー、カウンセリングなどメンタル話がたくさん出てくる場合が多いです。

ような中で、今回年末年始に仕事しながら出たお話しというは、きっと皆さん学びにもなる部分もあるかと思いましたで、シェアさせて頂きます。

うちで働いてもらっているスタッフは、指示したことはきちんとこなしてくれるし、とても勉強家でライティングやマーケティング教えれば、自分でも学び実践してくれる。

といったように、大変有能です。(超ありがとう!)

スタッフと仕事しながら話ししている中、彼女根底では

「常に自分自身に対する価値があって、気持ちに苦しんでいる」

っという事じるようになりました。

でも僕から見ると、誰もが知っている
国立大卒業して上場企業に勤め、国家資格
なんかも5個くらいもっていて、
とってもすごいと思うんです。

比べると、僕なんて持っている資格といったら
メンタル系は仕事柄何個か持っていますが
こちらは民間資格ですし、

あとは車とバイク免許くらいなも
十代頃には不登校になったり引きこもったり
悪さしたりしてた高校中退から見ると
本当に本当に凄いと思います。

ですから、僕が価値で苦しむなら解りますが、
(実際十代頃はそれでメチャクチャ苦しんでいました)

正直な本音では、彼女が何でそう思う必要が
あるかな?

って僕は思ったんです。

そして実際、僕が多く方々カウンセリング
させて頂いてきて思うは、どちらかというと、
社会的に地位があったり、高学歴な方こそ、
価値で苦しんでいる傾向にありました。

臨床心理学やカウンセリング
学んでいる方はご存じだと思いますが、
概念として、

Being・Doing・Having

というもがあります。

簡単に概念説明すると、

■Being
自分(相手)存在そ
まま「自分」「そ人」こと。
在り方など指します。

■Doing
「行動」や「行為」事、
目に見える外見善し悪しなども
Doingに含まれます。

■Having
行動や行為結果によって得られる
事。(doingによって得られる物)

っという事です。

概念元に説明すると、

「自分中で納得できる行いしたり、
結果だしているから自分存在はOK」

といったように信じていると、
人生から、人は「自分価値」で
苦しんでしまう傾向になります。

そして私カウンセラーとして経験上
思うは、高学歴であったり社会的に
地位ある方こそ、

DoingやHavingによって、自分価値(Being)
証明しようとしてしまう傾向にありました。

つまり自分存在に対して、

DO(行動)→HAVE(結果)→BE(存在)

というとらえ方してしまい、
それによって苦しんでいるという事なんです。

、潜在的・意識的に価値
苦しんでいる方が、
DO→HAVE→BE価値から

まずありまま自分にOKだせて、
カウンセリングや心理学的にも
好ましいと言われている

BE→DO→HAVEになっていくには
どうすればよろしいと思いますか?

松中さんはどようにしてそ
価値から卒業して、ありまま自分に
OK出せるようになると考えますか?

続きは明日お届けします
それまで考えてみて下さいね。

ここまで

不登校ひきこもりとは、また別角度から
BEING DOING HAVING
お話しましたがいかがでしたでしょうか?

それでは明日に続きます。

 

ーーーーーーーーー

具体的な不労所得を実現する方法、幸せに成功する秘訣、自由な生活・好きなものに囲まれた人生の実現法、などの具体的なことは、無料オンラインコミュティで公開してます。

幸せに成功したいぜ!お金、心、場所、人間関係などから自由になりたいわん♪ という方は登録してみてちょ^^