昨日はショックで胸が張り裂けそうでした・・・

どうもです^^
実は昨日はめっちゃ傷心でした・・・。

おとといの夜、友達と六本木に飲みに行ったんですが、なんとそこで、命の次くらいに大切なパソコンやハードディスク、WIFIなどが入ったカバンごと一式をなくしちゃったんです・・・叫び

仕事の大切なデータも沢山入っていて、これが無くてはネットをメインに仕事をしている僕としては、商売あがったりなので、何としても戻ってきてほしい・・・

そんな思いで胸がいっぱいでした(>_<)

もちろんなくした場所にも探しに行き、警察にも届け出を出しましたが今の所見つかっていません・・・得意げ

「なんで俺は鞄をちゃんとロッカーに入れなかったんだ?バカ!」

「大切なものが入ってるのはわかってるのに、なんで俺はあんなに酔ったんだ?」

「とった奴が許せねーぜヽ(`Д´)ノ」

といった思いが湧いてきたり、最近、メルマガの読者さんに送っている動画シリーズのデータや動画20本分もハードディスクに入っていたので全部紛失する事となり、これからまたスクリプトをゼロから作り直し、動画も撮り直す事となり、本当にうな垂れました・・・。

今も、考えても胃がキュっとするんですがw

んでここまでだけ話すと、「ただの愚か者の不幸話」なんですが、今回の剣を通してすごいギフトも受け取ることができました♪^^

「愚か者の不幸話」から復活したきっかけ

昨日のような状態の時には、「ものの見方・捉え方」でマイナスにもプラスにもなるという事を経験上思ったので、本棚にあった、ベストセラー作家のひすいこたろうさんの著書である「ものの見方検定~最悪は0・1秒で最高にできる~」を手に取りました。

ひすいさんは、この著書の中でこのようにおっしゃっています。

ものの見方次第で、人生に革命が起こります。

たとえ、大ピンチに追い込まれても、たとえ、イヌのウンチを踏んだとしても、たとえ、絶望の底に陥ったとしても、たとえ、妻が悪妻でも、夫がどうしようもない男でも、

ものの見方次第で、それを面白がれて、その結果として行動を変えて、状況を変えることだってできるのです。

人生を退屈にするか面白くするかは、「現実」が決めるのではありません。

「考え方」が決めます。

人の心の流れはこのように流れて現実に影響を与えます。

「出来事」→「思考(考え方・捉え方)」→「感情」 →「行動」→「相手の反応」→「結果」

つまり結果を変えようと思ったら、この流れのどこかを変えればいいわけです。

この流れを川に例えると、「思考」を変えることは、川の源流を変えることになります。

「起きる出来事」は変えることができませんからね。

起きた出来事をどう捉え、どう考えるかという「思考」が変わると、「感情」に変化が起き、「行動」に違いが表れて「相手の反応」が変わり「結果(現実)」が変わっていくのです。

思考を変えれば、「最悪」をも「最高」にできるのです。

「ものの見方検定」では、ものの見方を変えたことでピンチがチャンスに変わった実際の実例がたくさん書かれているんですがこの本のおかげで、今回の出来事の見方を変えることができて、ギフトとして受け取ることも出来ました(^-^)

また、きちんと「チクショー!!」っていうその感情を味わいつくしたことや、周りの人の優しい言葉や協力体制があった事も、元気になれた理由です☆

どんなものの見方をしたのか?

昨日の僕のように、人間誰しもが嫌なことやつらい時期を一度は体験するものかと思います。

絶体絶命の状況になったときでもピンチをチャンスに、絶望を希望に変えて乗り越えていく人と、そのことに飲まれてしまう人がいる訳です。

その違いとは、つまるところ、

起こった出来事をどうとらえるのか?

どのようなものの見方をするのか?

という違いです。

ないものに目を向けると不満が生まれ3秒で不幸になる。

あるものに目を向けると感謝が生まれ、3秒で幸せになる。

そして失ったPCやデータに目を向けていたところから、それでも仕事があって優しいスタッフや仲間がいてきちんと3度ご飯も食べれていて、頑張ればリカバリーもできる。

といったように、今もあるもの、与えられているものに目を向けたことで気持ちが復活しました^^

孔子は『人間は逆境において人間の真価を試される』という言葉を残していますが、まさにそういうことなのだと思います。

「ものの見方検定」は本当に素敵な本なので、ぜひ読んでみてね^^

 

ーーーーーーーーー

具体的な不労所得を実現する方法、幸せに成功する秘訣、自由な生活・好きなものに囲まれた人生の実現法、などの具体的なことは、無料オンラインコミュティで公開してます。

幸せに成功したいぜ!お金、心、場所、人間関係などから自由になりたいわん♪ という方は登録してみてちょ^^