好きなことしてると幸せだよね♪

って事でどうも、よーえつっす♪

いや〜、昨日はシーバス釣りまくり!

14匹釣ったよ^^

一番デケェのは88cm!( `ー´)ノ

人生って、自分が信じたとおりなってるって事を知ってる?

釣りの他にもさ、バイク、旅行、映画、漫画、バラエティ鑑賞、読書、酒飲み、ビジネスやメンタルの学び、稼ぐ、子供と遊ぶ、動物と戯れる、食べ歩き(特にラーメンと肉)、狩猟、格闘技観戦、キャンプ、昆虫採集、ギター、などなどこんな感じで俺には趣味がたくさんあって、

楽しく人生行きたいから出来るだけそういう好きなコトに触れ続けているんだけど、やっぱ常々思う。

好きな事をしてる時って幸せだよねーって^^

俺さ、ガキの頃、いっつも思ってた。

「大人になりたくないって。」

だってさ、俺の周りで楽しそうに生きている大人がいなかったんだもん。
親や周りの大人は皆、人生の優先順位が「働く事」だったんだもん。

好きな事をして、楽しそうに生きてる大人に会う機会も無かったしね。

でもさ、「楽しむ事。遊ぶ事。趣味に没頭する事」を人生の最優先にしたって良いんだよね。

誤解を恐れずはっきりいうとさ、

「仕事しなきゃ飯食えない」

と思うのも、

「嫌な事を我慢し続ける事が正しい」

と信じてるのも、全部幻想だから。

でも、そう信じている人にとってはそれが現実。

だって、経済学者のダグクラス・マクレガーの「XY理論」や心理学者のローゼンタールのピグマリオン効果でも言われている通りで、人生はその人が信じたようになるから。

「X理論Y理論」

経営学者ダグラス・マグレガーの「X理論Y理論」はご存知の方も多いと思いますが、まず、これを使って「人を育てる極意」を説明したいと思います。

マグレガーによると、職場におけるリーダー(経営者や管理者)の「部下に対する見方」には、2つの見方「X理論とY理論」があります。

X理論とは、「部下は、アメとムチによってコントロールしないと動かない。人は基本的に怠惰である。」という見方・考え方です。

つまり、「いい仕事をすれば給料が上がる」などの報酬こそがモチベーションの源泉であり、また、働かない者には、減給したり、叱ったり、厳しく監督する必要がある、と考える考え方です。
「性悪説的な人間観」とも言えます。

一方、Y理論は、「性善説的な人間観」と言えます。

「条件さえ整えば、部下は、周りから言われなくても自発的に動く。人は基本的に仕事を楽しむ。」という考え方です。

「部下は必要なだけの創造力を持っている」「仕事をすること自体の楽しさが、モチベーションの源泉である」という見方でもあります。

以上がX理論とY理論です。

さて、ここで考えていただきたいのですが、「X理論」と「Y理論」では、どっちが正しいと思いますか?

まずはぜひ、ご自分なりの答えを考えてみてください。「X理論」と「Y理論」では、どっちが正しいか?

これについては明解な調査結果が出ています。

答えは、「どっちも正しい」です。

つまり、「X理論(性悪説)」的な見方で部下を見る上司の下では、その上司の見方どおりの、「言われないと動かない部下」「報酬と罰則がないと頑張らない部下」「自主性に欠ける部下」が育つのです。

その上司の見方(=X理論)が正しかったことが証明されます。

その上司の信じたこと(=「部下は怠惰である」)は証明され、その上司は、ますますX理論を信じるようになります。証拠があるのですから!

「やっぱり、人間というのは怠惰な動物だ。自分の部下達が何よりの証拠だ。彼らはアメとムチがないと動かないではないか。私の考え(X理論)は正しかったし、私の指導法は間違っていない!」ということになるわけです。

一方、「Y理論(性善説)」的な見方で部下を見る上司の下では、その上司の見方どおりの、「自主性・創造性を発揮する部下」「仕事を楽しむ部下」が育つのです。その上司の見方(=Y理論)が正しかったことが証明されます。

「やっぱり人間というのは勤勉で働き者だ。条件さえ整えば、自発的に行動するし、創造性を発揮する。自分の部下達が何よりの証拠だ!」

出典:野口嘉則 公式ブログ
http://coaching.livedoor.biz/archives/22021299.html

 

ピグマリオン効果

指導者が学習者に対して期待を持って接することによって、学習者も期待に応えようとして成績があがる現象をいう。

この象徴的な例として、アメリカの教育心理学者ローゼンタールらが行った実験がある。

それは、小学生に知能テストをさせた後、その結果とは関係なくランダムに「将来伸びるであろう生徒の名前」を教師に告げたところ、1年後に、その生徒達の成績が明らかに伸びていた、というもの。

ちなみにピグマリオンとは、ギリシャ神話に登場する彫刻家の名前。彼は自分が彫った彫像に恋をし、ついには神がその彫像に命を吹き込むという話が由来になっている。

出典:コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E3%83%94%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C-7782

良い悪いに関係なく、信じたとおりに人生は創造されていく

結局さ、これらにもわかるように、自分が信じたように人生はなってくんだ。

昨今流行った引き寄せの法則も、そういう原理だしね^^

んだからさ、せっかくだから好きなコトする人生していかない?

俺さ、10代の頃悩みに悩んで自殺未遂したり高校もやめちゃったりして、

『もう俺の人生は終わった・・・』

って思った。

そうしたら、やっぱり人生がまるで終わってしまったような、心が死んじゃったような人生に実現してた。

そして、高校中退で特別な資格もない、ADHD(発達障害)で人並みのコトができない俺は、3Kの仕事しかできないんだ!

給料も少なくて、苦労しないと生活すらできないんだって決めつけてた。

そしたら、やっぱそういう人生を実現してた。

でもさ、今はありがたい事に、お金にも時間にも場所にも縛られない人生を実現できてる。

仕事好きだしビジネスの面でやりたい事があるからセミリタイアしないけど、したけりゃ明日にもリタイアできる状態も実現してる。

労働しなくても毎月7桁の収入が入ってくる。

これもさ二十歳の起業する際にさ、ある一冊の本を読んで

「生きたい人生を実現できる。経済も精神も場所も時間も自由になれる」

って事を信じられたからなんだという事が今はよくわかる。

んでさ、何を言いたいのかっていうと「自分が信じた人生が創造される」んだから、生きたい人生いきない?って俺と関わる皆にはいつも提案してる。

せっかく生きてるんだから、楽んだ方が得じゃん?って思うから^^

ちと押し付けがましいかもだけどw、

せっかくご縁あって今、このブログを読んでくださってる人にもこの提案をしたくて今回は書き綴ってみました♪

少しでも感じるものがあったら嬉しいっす^^

最後まで読んでいただきありがとうございます

PS
こちらも読んでみてね。

 

幸せに成功する秘訣「生まれてきた意味に気がつく事」と「ライフワークに生きる事」

 

 

ーーーーーーーーー

具体的な不労所得を実現する方法、幸せに成功する秘訣、自由な生活・好きなものに囲まれた人生の実現法、などの具体的なことは、無料オンラインコミュティで公開してます。

幸せに成功したいぜ!お金、心、場所、人間関係などから自由になりたいわん♪ という方は登録してみてちょ^^